お菓子作りの基礎の基礎

無塩バターと有塩バターの違いって知ってますか?

無塩バターと有塩バターの違いって知ってますか?

 

今月はマロンパイのレッスンを開催してますがこのパイ生地には無塩バターを沢山使用しています。

この無塩バター(食塩不使用バター)と有塩バター(加塩バター)の違いって知ってますか?

⁡実は無塩バターも有塩バターも製法は同じで、最後に1.5%の食塩を加えたものが有塩バターなのです。

つまり、ケーキやお菓子作りに使って余ってしまった無塩バターをお料理に使うことは可能なんですね〜😊
その場合、味付けに塩を少し多めに使えばOK

では、有塩バターをケーキやお菓子作りに使うのはどうでしょう?
答えはNG!
ケーキやお菓子作りには沢山のバターを使うことが多い為その分塩分も多くなってしまいます。
味に影響が出てしまうだけでなく、塩には小麦粉のグルテンを強めてしまう働きもあり、
出来上がりの食感にも影響が出てしまうこともあります😅

ケーキやお菓子のレシピによっては有塩バターでも大丈夫!というものもありますが、
レシピに無塩バターと記載されている場合は有塩バターでの代用は避けた方がいいかも~😊

🌷🌷🌷🌷🌷🌷🌷🌷🌷🌷🌷🌷🌷🌷🌷🌷🌷🌷🌷🌷

ケーキ作りの基礎の基礎を学ぶと
失敗は確実に少なくなります。
失敗が減ると
ケーキ作りはもっと楽しくなりますよね😍

ケーキ作りの基礎の基礎は
公式LINEでも不定期配信中〜
まずはお友達登録お願いします♡
   ↓↓↓
https://line.me/R/ti/p/%40usy4147x

レッスンお申込みはLINEで直接→https://line.me/R/ti/p/%40usy4147x

又はこちらから→https://cookingschool.jp/do/s/school/index?schoolId=14691

関連記事一覧

PAGE TOP